いわき ひろむ整骨院トップページいわき ひろむ整骨院のご紹介いわき ひろむ整骨院の診療内容いわき ひろむ整骨院の特別メニューいわき ひろむ整骨院アクセスいわき ひろむ整骨院へのお問い合わせ

kraci

ごあいさつ

ひろむ整骨院 院長の佐藤と申します。
私自身、学生時よりサッカーをやっていて、そんな中いろいろな外傷、障害を自ら
経験し、怪我のつらさ、痛みのつらさを味わってきました。そんな経験から、出来
るだけ早く楽にさせてあげたい、早く治してあげたいといつも考えながら、日々の
診療にあたっております。
また、現社会はストレス社会とも言われ、様々な症状も変化してきております。
患者様の主訴(要求)をしっかり聞き(問診)、よく把握し患者様の症状に適した
診療を心がけ、日常生活のご指導などにも力を入れております。
明るく清潔で入りやすい治療院です。気楽にご来院下さいませ。

                                院長 佐藤 弘康

当院のご紹介

リラックスできる空間

当院は、清潔感のあるグリーンを基調色として設計いたしました。
お年を召された方から、スポーツ障害をかかえた若い方まで、 様々な方がリラックス
出来る空間で受診されています。広く、清潔な院内でゆっくり診療致します。

  


スポーツ障害について

スポーツ障害とは、スポーツに起因する痛みや機能障害のことで、これらを総称しスポーツ障害あるいは スポーツ傷害と呼びます。



外傷と障害

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折など、一度に強い外力が加わることにより生じるものをいいます。

障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものが
これにあたります。

スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。




スポーツ障害の主な部位と種類

ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
野球肘、テニス肘等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等
シンスプリント、アキレス腱炎等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
むち打ち症等


スポーツ障害の治療法

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
※RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし、組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。
また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)
の関節可動制限を回復させることで、より短期間に治癒することが多いです。
人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節・筋肉等、 いろいろな部分でつながりがあり、
連動して働いているのです。



スポーツ障害の予防と再発防止のために

◆ストレッチを行う
◆ウォーミングアップとクールダウンを行う

等ですが、最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院(接骨院)や整形外科等を受診してください。




いわきの整骨院 ひろむ整骨院院長佐藤

【院長略歴】
平成20年3月 健生学園東日本医療専門学校 柔道整復科卒業